医療従事者・研究者用ノート / 学生用ノート / 一般向けノート

COVID-19(新型コロナウイルス)患者のリハビリテーション

本日はCOVID-19(新型コロナウイルス)のリハビリテーション介入についての最新(2020年8月現在)のレビュー論文をご紹介します。

タイトル:Rehabilitation of patients with COVID-19.

著者:Sun T, Guo L, Tian F, Dai T, Xing X, Zhao J, Li Q.

雑誌:Expert Review of Respiratory Medicine. 2020 (accepted manuscript).

研究の背景

コロナウイルス亜科は主に4種類あり、アルファコロナウイルスとベータコロナウイルスは哺乳類に感染し、ガンマコロナウイルスとデルタコロナウイルスは主に鳥類に感染します1)。今回の2019新型コロナウイルス(病名:COVID-19、病原体:SARS-CoV-2 (ICTV))はベータコロナウイルス属に分類されます。SARS-CoV-2 (ICTV)のスパイクタンパク質は受容体結合ドメインの変化が大きく、ウイルスの拡散能力は高いと報告されており、このスパイクタンパク質は、アンジオテンシン変換酵素2(ACE2)の表面タンパク質と結合しやすいことが報告されています2,3,4)。さらに、SARSウイルスと比較して、主に肺、心臓、肝臓、精巣、消化管全体に分布するACE2に対する親和性が10~20倍高いと報告されています5)

COVID-19患者の臨床症状は発熱、咳、息切れ、胸の張り、呼吸困難、喀血、食欲不振、吐き気、嘔吐、下痢、腹痛、筋肉痛、疲労、頭痛、嗅覚・味覚障害、結膜炎、および錯乱などが報告されています。一般的な合併症としては、急性呼吸窮迫症候群(ARDS)、急性腎不全、貧血、心不全、二次感染などがあります。最も一般的な死因は多臓器不全症候群(急性心不全/腎不全/肝臓損傷)で、次いで心停止、呼吸不全、ARDSが報告されています6-9)

現在の主な診断方法は胸部CTとPCR検査です10)。また、現在のところ(2020年8月)予防や治療に有効なワクチンはありません11)。患者の管理には、バイタルサインのモニタリング、酸素療法、抗ウイルス薬の投与、対処療法が報告されています12-14)。COVID-19患者の大多数は呼吸器機能障害、疲労、倦怠感、精神障害を呈しているため、日常生活に影響を与えています。そのため、リハビリテーションへの注目が高まっています15,16)

そこで本研究では、COVID-19患者に対するリハビリテーションの論文をレビューしました。

方法

2020年8月1日までにPubmed、Springer、CNKIのデータベースで以下の用語を検索した(英語および中国語)。

「COVID-19」、「ARDS」、「リハビリテーション」、「重症患者」、「理学療法」、「呼吸器リハビリテーション」

結果

一般的なリハビリテーション 

COVID-19患者に対しては、さらなる症状悪化を回避し、回復後の重度の障害リスクを軽減するために早期の評価とリハビリテーション介入が必要です17)。リハビリテーションは主に患者の意識向上、人工呼吸器の短縮、呼吸機能の改善、合併症のリスク、入院期間、再入院のリスクを低減することが示されています18-20)

ある報告18)によると、COVID-19患者72人をリクルートし、36人が呼吸器リハビリテーションを受けました。36人に対して回復前後で肺拡散能力測定試験(DLCO)、6分間歩行、SF-36スコアを用いたQOL評価、ADL評価、不安尺度とうつ病尺度を用いた精神状態検査を実施しました。リハビリ内容は、呼吸筋トレーニング、喀痰トレーニング、横隔膜トレーニング、ストレッチ運動、および自宅で行う運動の指導を行いました。6週間のリハビリテーション後では、呼吸機能、QOLスコア、不安レベルで有意な改善が認められました。

軽度・中等度のCOVID-19患者のリハビリテーション 

COVID-19患者のほとんどは軽度のインフルエンザ様症状を呈します。COVID-19患者の軽度・中等度の臨床症状は、発熱、疲労、咳、筋肉痛およびその他の症状がります。

主な介入は気道洗浄、呼吸コントロール、姿勢管理、身体活動、および運動が報告されています21,22)。また、COVID-19の診断は患者の恐怖感を増大させる可能性があり23)、心理カウンセリングが特に重要であると報告されています。さらに、これらの患者は、規則的な生活と睡眠、バランスのとれた食事、および禁煙に対しても指導すべきであると報告されています21)

重度のCOVID-19患者のリハビリテーション

重症患者は発症1週間後に呼吸困難および低酸素血症を発症し、その後、急性呼吸窮迫症候群(ARDS)、敗血症性ショック、代謝性アシドーシス、さらには死に至ることもあります21)

重度の患者のリハビリテーションは患者の状態が安定していると判断され、尚且つリハビリテーション医が禁忌についての評価を行い、リハビリテーションを実施するべきであると報告されています24,25)

また、重症患者に対しては、呼吸不全の悪化やウイルスの拡散(医療従事者への拡散)を避けるために呼吸器リハビリテーションを早期に開始しないことが各国の専門家によって提案されています21)

したがって、重症患者のリハビリテーションの介入時期を決定することは重要であると考えられます。

ある研究26)では、急性呼吸窮迫症候群(ARDS)でICUに入院した患者の50%近くが重度の多発神経障害を合併しており、そのうち48〜96%がミオパチー(筋炎)を有していることが明らかになっています。

また、治療後でも痛み、麻痺、尿失禁、不安、抑うつ、心的外傷後ストレス障害(PTSD)、認知機能障害を経験することが報告されています27,28)

ある報告29)によると、急性呼吸窮迫症候群(ARDS)後に退院した711人の患者を追跡調査した結果、ほとんどの患者で重度の疲労と心理的・認知的障害を有していることが明らかになっています。

また、人工呼吸器を48時間以上受けた患者の65%以上が1年後に身体機能の低下を有し、75%が退院後に認知機能障害を有し、25%が精神疾患を有していたと報告されています30)

これらの理由から介入時期は難しいですが、適時なリハビリテーション 介入はこれらの合併症の発症を減少あるいは改善することができると考えられます31)

まとめ

COVID-19患者は主に呼吸機能障害を特徴とします。リハビリテーション介入では体位・呼吸管理、理学療法、心理的支援を行うことで、入院期間を短縮し、患者の状態やQOLを改善することができると考えられます。

関連書籍

新型コロナウイルスを制圧する ウイルス学教授が説く、その「正体」 (文春e-book)新品価格
¥1,200から
(2020/8/20 16:47時点)
アフターコロナ 見えてきた7つのメガトレンド (日経BPムック)新品価格
¥1,980から
(2020/8/20 16:47時点)

参考文献

  1. Cui J, Li F, Shi ZL. Origin and evolution of pathogenic coronaviruses. Nat Rev Microbiol. 2019;17(3):181-92.
  2. Corman VM, Landt O, Kaiser M, et al. Detection of 2019 novel coronavirus (2019-nCoV) by real-time RT-PCR. Euro Surveill. 2020;25(3):pii=2000045.
  3. Kumar S, Maurya VK, Prasad AK, Bhatt ML, Saxena SK. Structural, glycosylation and antigenic variation between 2019 novel coronavirus (2019-nCoV) and SARS coronavirus (SARS-CoV). VirusDis. 2020;31(1):130-21.
  4. Shereen MA, Khan S, Kazmi A, Bashir N, Siddique R. COVID-19 infection: Origin, transmission, and characteristics of human coronaviruses. J Adv Res. 2020;24:91-8.
  5. Song JC, Wang G, Zhang W, Zhang Y, Li WQ, Zhou Z. People’s liberation army professional committee of critical care medicine, Chinese society on thrombosis and haemostasis Chinese expert consensus on diagnosis and treatment of coagulation dysfunction in COVID-19. Mil Med Res. 2020;7(1):19.
  6. Hu Z, Song C, Xu C, et al. Clinical characteristics of 24 asymptomatic infections with COVID-19 screened among close contacts in Nanjing, China. Sci China Life Sci. 2020 May;63(5):706-11.
  7. Huang Y, Xie J, Zhong Z. Clinical analysis of 168 cases of COVID-19. Chin J Infect Chemother. 2020;20(04):359-61
  8. Huang C, Wang Y, Li X, et al. Clinical features of patients infected with 2019 novel coronavirus in Wuhan, China. Lancet. 2020;395(10223):497-506
  9. Chen N, Zhou M, Dong X, et al. Epidemiological and clinical characteristics of 99 cases of 2019 novel coronavirus pneumonia in Wuhan, China: a descriptive study. Lancet. 2020;395(10223):507-13. 
  10. Feng H, Liu YJ, Lv ML, Zhong JQ. A case report of COVID-19 with false negative RTPCR test: necessity of chest CT. Jpn J Radiol. 2020;38(5):409-10.
  11. Fan N, Fan W, Li Z, Shi M, Liang Y. Imaging characteristics of initial chest computed tomography and clinical manifestations of patients with COVID-19 pneumonia. Jpn J Radiol. 2020 Jun;38(6):533-538. 
  12. Keith P, Day M, Perkins L, Moyer L, Hewitt K, Wells A. A novel treatment approach to the novel coronavirus: an argument for the use of therapeutic plasma exchange for fulminant COVID-19. Crit Care. 2020;24(1):128.
  13. Liu S, Peng DY, Qiu HJ, Yang K, Fu Z, Zou L. Mesenchymal stem cells as a potential therapy for COVID-19. Stem Cell Res Ther. 2020;11(1):169.
  14. Qing G, Zhang H, Bai Y, Luo Y. Traditional Chinese and western medicines Jointly beat COVID-19 pandemic. Chin J Integr Med. 2020;26(6):403-4.
  15. Vitacca M, Carone M, Clini EM, et al. Joint Statement on the Role of Respiratory Rehabilitation in the COVID-19 Crisis: The Italian Position Paper. Respiration. 2020;99(6):493-9. 
  16. Li Z, Zheng C, Duan C, et al. Rehabilitation needs of the first cohort of post-acute COVID-19 patients in Hubei, China. Eur J Phys Rehabil Med. 2020 Jun;56(3):339-44. 
  17. Boldrini P, Bernetti A, Fiore P. Impact of COVID-19 outbreak on rehabilitation services and physical and rehabilitation medicine (PRM) physicians’ activities in Italy. Eur J Phys Rehabil Med. 2020. 
  18. Liu K, Zhang WT, Yang YD, Zhang JP, Li YQ, Chen Y. Respiratory rehabilitation in elderly patients with COVID-19: A randomized controlled study. Complement Ther Clin Pract. 2020;39:101166.
  19. Jiang YC, Chen J, Cen FL, et al. Importance of respiratory airway management as well as psychological and rehabilitative treatments to COVID-19 patients. Am J Emerg Med. 2020.doi:10.1016/j.ajem.2020.04.055. In Press, Journal Pre-proof. 
  20. Zhu CR, Wu YH, Liu HY, Ban Y, Ma XC, Zhang ZD. Early pulmonary rehabilitation for SARS-CoV-2 pneumonia: Experience from an intensive care unit outside of the Hubei province in China. Heart Lung. 2020;S0147-9563(20)30141-2 
  21. Zhao HM, Xie YX, Wang C. Recommendations for respiratory rehabilitation in adults with COVID-19. Chin Med J (Engl). 2020. 
  22. Rayegani SM, Raeissadat SA, Fakharian A, et al. Role of rehabilitation medicine in the COVID-19 pandemic: an Iranian consensus. Eur J Phys Rehabil Med. 2020 Jun 19. 
  23. Wang C, Pan R, Wan X, et al. Immediate psychological responses and associated factors during the initial stage of the 2019 coronavirus disease (COVID-19) epidemic among the general population in china. Int J Environ Res Public
    Health. 2020;17(5):1729.
  24. Borg K, Stam H. Editirial:COVID-19 and physical and rehabilitation medicine. J Rehabil Med. 2020. doi:10.2340/16501977-2679.
  25. Stam HJ, Stucki G, Bickenbach J. Covid-19 and Post Intensive Care Syndrome: A Call for Action. J Rehabil Med. 2020 Apr 15;52(4):jrm00044 
  26. Herridge MS, Moss M, Hough CL, et al. Recovery and outcomes after the acute respiratory distress syndrome (ARDS) in patients and their family caregivers. Intens Care Med. 2016;42(5):725-38.
  27. Kakodkar P, Kaka N, Baig MN. A comprehensive literature review on the clinical presentation, and management of the pandemic coronavirus disease 2019 (COVID-19). Cureus. 2020;12(4):e7560. 
  28. Carda S, Invernizzi M, Bavikatte G, et al. The role of physical and rehabilitation medicine in the COVID-19 pandemic: the clinician’s view. Ann Phys Rehabil Med. 2020;S1877-0657(20)30076-2.
  29. Neufeld KJ, Leoutsakos JS, Yan H, et al. Fatigue symptoms during the first year after ARDS. Chest. 2020;S0012-3692(20)30686-3. 
  30. Li XD, Liu BY, Wang Y, et al. Interpretation of advice on traditional Chinese medicine rehabilitation during COVID-19 recovery (Trial). J Tradit Chin Med. 2020;61(11):928-34.
  31. Thomas P, Baldwin C, Bissett B, et al. Physiotherapy management for COVID-19 in the acute hospital setting: clinical practice recommendations. J Physiother. 2020 Apr;66(2):73-82. 

投稿者

tsujimoto.kengo8762@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

小脳と加齢

2020年8月24日