学生用ノート

心臓の収縮②

前回の続きである”心臓の収縮”についてまとめます。

今回は、横行小管および筋小胞体についてです。

横行小管とはT管とも呼ばれ、骨格筋にも存在している事を抑えておく必要があるかと思います。

T管を活動電位が伝わることを皆さんはご存知だと思いますが、心臓には素早く電気的興奮を伝搬できるようにCa2+チャネルやNa+チャネルが発現しています。これらの存在は、広く固有心筋細胞を興奮させることで活動電位を発生し、収縮を発生します。

心筋細胞の張力発生の大きさは”心室筋>心房筋”となります。

したがって、T管は心筋細胞でよく発達していることが想定されます。

次に筋小胞体(sarcoplasmic reticulum:SR)について説明します。

SRはCa2+を貯蔵している器官になります。

したがって、心筋細胞に興奮が伝搬してきた際に、SRよりCa2+を放出し、[Ca2+]iを上昇させます。

SRは、骨格筋細胞と同様にT管の近くに散在はしていますが、骨格筋の収縮発生メカニズムの違いは、T管からのSRの距離が挙がります。

T管膜上にはジハイドロピリジン受容体が発現しており、SR膜上ではリアノジン受容体が発現しています(ちなみに、骨格筋ではRyR1/心筋ではRyR2とサブタイプが異なります)。

これらに興奮が伝わり、SRよりCa2+を放出し、[Ca2+]iを上昇させ、収縮を発生させることになります。

次回もこれらの続きをまとめていきます。

関連書籍

ぜんぶわかる心臓・血管の事典新品価格
¥1,980から
(2020/9/14 23:54時点)

投稿者

tsujimoto.kengo8762@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

心臓の収縮①

2020年9月13日

心臓の収縮③

2020年9月18日